公共・協同経済研究情報国際センター日本支部
Header

第34回研究大会

大会テーマ:「令和新時代における公益企業と社会経済システムの変革」

1. 大会趣旨

30年に及んだ平成の時代が終わりを告げ、令和の時代に入った。平成の時代はグローバル化や技術革新が様々な分野で進展し、現在では人・モノ・金が場所や時間を超えて世界中を容易に移動し、様々な情報が入手可能になっている。これに伴い人々の価値観は多様化し、行動の範囲は一地域や一国家に止まらず、世界へと拡大している。
平成の時代は、公企業の民営化や公益事業にかかる規制改革が実際的にすすんだ時代であった。これらの企業は組織変革やサービスの多様化をいっそうすすめ、国民生活に影響をもたらした。規制者は規制の重点を事後規制に移すとともに、よりいっそうの効率化を追求している。また、介護・福祉やまちづくりなど企業や政府では対応が困難な分野に対する社会的な問題意識が高まった時代であった。従来から社会的企業はこれらの領域に対処する主体として注目を浴びていたが、その活動領域は公民協働を通した公共サービスの充足から国際紛争の解決に至るまで様々な広がりをみせ、国境を超えグローバルに拡大しつつある。
令和の時代に入り、公益企業はどのような方向に向かい、社会経済システムはどのような姿に変化していくのか。本大会では平成から令和に至る成果と課題をふまえ、新時代を展望し、今後のあり方について考える。

第34回研究大会実行委員長 小熊 仁(高崎経済大学)

 

2. 開催要項

日 程:2019年 12月7日(土)・8日(日)
会 場:高崎経済大学(群馬県高崎市上並榎町1300番地)
実行委員長:小熊 仁(高崎経済大学)

プログラムPDFはこちら※調整中

3. 大会プログラム

12月7日(土)  9:30~  受付開始
 10:00~  奨励賞報告
 12:00~  昼食・理事会・奨励賞審査委員会
 13:00~  パネルディスカッションⅠ
 15:00~  休憩
 15:15~  総会(役員選出選挙)
 16:00〜  パネルディスカッションⅡ
 18:00〜  懇親会
12月8日(日)  9:30~  受付開始
 10:00~  一般報告
 12:00~  総会(新理事選出)
 12:30〜  (新)理事会
 13:30~  CIRIEC International報告
 14:00~  休憩
 14:15~  パネルディスカッションⅢ
 16:15~  休憩
 16:30~  総会・表彰式
17:00~ 閉会